山田温泉YHの思い出
北海道・然別湖の北湖畔に今は無い山田温泉YH湖月園はありました。昭和49年ここで過ごした時間が私の人生を変え、沢山の友達を得ました。私の中で輝いているあの頃を懐かしく思い、このブログで思い出を共有できる人がいればいいと思っています。
プロフィール

Author:わらじ
旅に出よう。
テントとシュラフの入ったザックを背負って
ポケットには一箱の煙草と笛を持ち
旅に出よう。
・・・・・・
歳のせいか、昔を懐かしく思う時が増え。
これから先の人生より、振り返った過去の方が長くなり、
『未だ人生を語らず』、と言って憚らなかったあの頃が少し気恥ずかしく思われます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れた旅人

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖月園について
山田温泉YH湖月園とは、然別湖の湖畔にたたずむあばら屋で、今ならとても営業許可など下りない施設でした。
電気も通っていなく、電化製品は冷蔵庫すらありませんでした。水道も沢からホースでひっぱて来ただけ、
そんな所ですが、唯一素晴らしいところは、湖の岸部に建っていることです。
部屋からの景色は最高で正面に唇山と白雲山が湖に浮かんで見えました。
早朝風のない日は、水面に映る唇山がその名の通り上下の唇になるのが見えましたし、朝霧の中に浮かぶ弁天島が現れては隠れるのを時の経つのも忘れて観ていたものです。
圧巻は満月の夜景でしょう。岸部を打つ微かなさざ波を聞きながら、黒々と横たわる山々と、それを照らす月明かり包まれているとその幻想的な雰囲気には圧倒されるものがありました。
この建物は数年後に取り壊されて、その後少し奥まった処に新たな建物を建てたようですが、これも、今では廃墟になっているようです。
あの水辺の湖月園に泊まったホステラーは、貴重な体験をしたことに気づいているでしょうか?
ミーティングの余韻そのままに、脇の桟橋に出て女の子とおしゃべりをしたり、星空を眺めたりしたことも
今では遠い思い出です。

chizu.gif


sikaribetu.jpg

P10204181.jpg

スポンサーサイト

テーマ:北海道旅行 - ジャンル:旅行

あれから40年
私が山田温泉YHでヘルパーをしていた昭和49年から今年で丁度40年になります。あそこで知り合った友達も年を取り、最近孫が出来ておじいちゃんやおばあちゃんになった、定年で仕事も一段落したとか、そんな話題ばかりになりました。そういう私自身、気持ちは若いつもりでも、体力、気力の面で衰えを感じる時、老人と言われる年齢に近づきつつあると思う今日この頃です。そして思うのですが、もう人生の折り返し地点はとっくに過ぎていて、日本人の平均寿命からすれば残り僅かな所に来ているのではないか?さて、自分はこの先どれだけ生きられるのか?10年?15年?長くて20年,さすがに40年は無理でしょう。
そう思うと、残りの人生もっと真剣に考えなくてはと今更ながらに気づかされます。
今までの人生、20代は五木寛之の本に憧れてデラシネの人生とか放浪生活と気取っては、友達の所に居候したり、バイトで資金をためては旅に出て、定職にも就かず。周りの事を見もせず考えもしない様な気楽な人生を送っていたと思います。そして社会復帰と称して定職に就いてからも、仕事に追われ生活に追われて何も考えずに今に至って、残りの人生が後僅かと嘆いても仕方なく、出来る事といえば残りの人生をいかに充実したものに出来るかを考える事ぐらいです。さだまさしの歌にもある様に自分の人生の中ではいつでも主人公(クリックしてください)でいられるのですから、自分らしい物語をこれからも紡いで行く様に心がけていくしかありません。
それでは実際どうするのか?それは又次回


晴天の美瑛
年明けからだらだらしていたら、あっという間に2月になってしまいました。
今日は、とても天気が良く気持ちのいい日でした

hpasahidake2.jpg
旭川へ出かけた帰り道であまりにきれいだったので旭川空港近くより旭岳を望む

hp-biei-5.jpg
美瑛から夕日の十勝岳

hp-bieitawn-1.jpg
 
hp-biei-8.jpg
夕日の美瑛タウン

今は便利になり技術革新の恩恵で、家に居ながらにして北海道の今の景色を楽しめるようになっています。


然別ライブカメラ

美瑛ライブカメラ
ライブカメラの文字をクリックしてください。




2013年10月23日春のリベンジ
今回は、春に見れなかった東雲湖へのリベンジです。
朝の天気はまずまず、しかし先日の季節外れの大雪がどの位残っているか気がかりです。今日は白雲山に登り天望山(くちびる山)を経て東雲湖へ降りて湖畔沿いに戻る、かつて山田ユースで雲雲コースと言っていた道順です。
然別湖までのドライブは順調で、山に多少雲がかかっていましたが、空は晴れていました。午前10時に北電の建物脇の登山口出発、入るとすぐに湖畔沿いの道から白雲山に登る分岐が現れ、ここから登りです。

sikaribetu28.jpg


sikaribetu27.jpg


sikaribetu26.jpg

けっこう雪は残っていて日陰なので凍っているところもあり、少し歩きづらい道を1時間ほど登ると尾根に上がります。尾根に上がると、眼下に然別湖が見え景色がよくなります。また、道も平らになり歩きやすくなり、尾根道は日当たりもいいので少し汗ばむくらい暖かくなりました。

sikaribetu29.jpg


sikaribetu32.jpg

sikaribetu30.jpg

sikaribetu34.jpg

sikaribetu33.jpg

白雲山の頂上が見えてくるともう一息、頂上直下の登りは少しきついですががんばりましょう。白雲山の頂は大きな岩の積み重ねで出来ているので、岩をよじのぼっていきます。
頂上に到着するとしばらくは雲が流れて湖が見え隠れしていましたが、やがて雲がきれて然別湖全体が見渡せるようになりました。そこには、若かりし頃見た然別湖が私の記憶と寸分たがわづありました。
頂上には、私たち以外にも結構ハイカーが居て驚かされましたが登山口には車が何台か止まっていたので納得です。
ここまで2時間近くかかってしまったので、簡単に昼食をすまし次の天望山いざ出発。

sikaribetu37.jpg

sikaribetu35.jpg

雲が相変わらず流れていて、天望山を望むことは出来ませんが、まずは天望山方向に下っていきます。この下りも結構きついです。昔はこんなにきつくなかったと思いながら降りてゆくと、天望山と下山路の分岐に出ます。

sikaribetu38.jpg


sikaribetu39.jpg

sikaribetu40.jpg

ここからは、笹との戦いです。笹が覆いかぶさるように道を隠していてしかも先日の雪で道がぬかるんでいて滑りやすいのです。それでもなんとか、登りきると頂上です。天望山の山頂は白雲山の様な岩場ではなく平らで木立の中に開けたこじんまりとした山頂で眺望も白雲山とは一味違ったものです。木々の梢の間から望む然別湖もいいものです。

sikaribetu45.jpg

sikaribetu44.jpg

sikaribetu43.jpg

さて休憩もほどほどにして最終目的地の東雲湖に向かって出発しましょう。笹に覆われた道を一気に下っていきます。ここまででちょっと気になるのが、白雲山にはハイカーが結構居たのに天望山には登ってくる人がいないような感じがするのです。この時はあまり気にしていなかったのですが、後で大変なめに会うことになるのですが、この時は知る由もありませんでした。
とりあえず、先を急ぎましょう。
笹の道を足元を気にしながら下っていきます。遠くに東雲湖が見えてくる頃には道はほとんど獣道のような状態になり本当にここが道なのか心細くなるほどです。さらに下ると道は林の中に進んで行くのですが今まで笹だったのが藪の様になりますます獣道状態です。かろうじて目印の赤いテープが所々にあるのでそれを頼りに歩みを進めていきます。

sikaribetu47.jpg


sikaribetu48.jpg


sikaribetu49.jpg


sikaribetu50.jpg


東雲湖が眼下に見えてから道は一層酷い事になって来ました。先日の大雪がこの辺りでは風を伴って凄いことになったらしく、重い雪が積もった木々を強風が襲い辺り一帯の樹をそれこそ根こそぎ倒して、それが道を塞いでただでさえ分かりにくい道を一層困難にしていました。

sikaribetu55.jpg

樹の倒れ方が酷くそれが1本や2本ではないのは先へ進んで行くうちにわかりました。根っこから倒れた樹が幾重にも折り重なりそれをよじ登って乗り越えて行くのですが、ただでさえ分かりづらい道が完全に無くなってしまっていました。この先は感を頼りにだいたいの目安をつけて樹を登り枝をくぐりしてなんとか赤いテープを見つけながら進みその間写真を撮ることもすっかり忘れていて、その惨状を残すことが出来ませんでした。
それでもなんとか道をみつけて東雲湖の近くまで降りてくることが出来ました。


sikaribetu51.jpg


sikaribetu52.jpg


sikaribetu53.jpg


やっとの思いで東雲湖に辿り着きました。くちびる山から下って来る時に見えていた時から昔の思い出と重ね合わせたりして、胸の内では気持ちが盛り上がっていたのですが、下まで降りて改めて見ていると、40年前の記憶が甦って来ます。湖とは名ばかりで沼のようなものですが、東雲湖の魅力は対岸の景色です。岸部から一面笹の緑に覆われて所々に針葉樹が点々と生えていて、頂に向かって針葉樹の深い緑や白樺の梢の白い色がコントラストになってまるでスイスの風景を思わせます。あの頃ミーティングで古事記さんはサウンドオブミュージックの映画の一場面を思わせるとよく言っていました。
この日はあいにく曇り空でしたが、私の記憶の中の東雲湖はいつも抜ける様な青空をバックにたたずんでいます。40年前の夏の日差し、湖を渡ってくる風の心地よさ、一緒に歩いてきたホステラー達の感動の溜息、次々と走馬灯の様に思い出されます。
思い出に浸るのもほどほどに帰路につきます。今日は、道が酷かったせいで、時間もかなりかかってしまいました。ここから先も悪路が予想されるし早めに出発した方が良さそうです。

sikaribetu54.jpg

siksribetu56.jpg

sikaribetu57.jpg

春に来た時はここからは問題もなく楽に行けたのですが、今回はやはり倒木やぬかるんだ道で往生しました。倒れた木々は大きな物もあり、それが道を塞いで居る様な所では藪の中を大きく迂回しなければならず、その他にも、木の下を潜り抜けたり幹の上を渡ったりと、この先も苦労させられました。
それでも何とか4時過ぎには登山口まで辿り着けました。
今日は、念願の東雲湖を見ることも出来たし、サバイバルな気分も味わえて満足な1日でした。






季節外れの大雪
10月16日、10月の連休も終わり今年も一段落してこれから紅葉シーズンと思いきや思わぬ大雪でいきなり冬景色になってびっくりしています。

yuki-3.jpg

yuki-2.jpg

yuki-1.jpg

これからだんだん暇になって来るのでまたブログの更新をこまめにしたいと思っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。