FC2ブログ
山田温泉YHの思い出
北海道・然別湖の北湖畔に今は無い山田温泉YH湖月園はありました。昭和49年ここで過ごした時間が私の人生を変え、沢山の友達を得ました。私の中で輝いているあの頃を懐かしく思い、このブログで思い出を共有できる人がいればいいと思っています。
プロフィール

わらじ

Author:わらじ
旅に出よう。
テントとシュラフの入ったザックを背負って
ポケットには一箱の煙草と笛を持ち
旅に出よう。
・・・・・・
歳のせいか、昔を懐かしく思う時が増え。
これから先の人生より、振り返った過去の方が長くなり、
『未だ人生を語らず』、と言って憚らなかったあの頃が少し気恥ずかしく思われます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れた旅人

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラさんとの出会い
山田YHのスタッフになる前年、私は、然別湖畔でホテルの皿洗いと貸ボート屋でアルバイトをしていました。朝の皿洗いが終わると桟橋へ出て夕方までボートの受付をして、その後夕食の片づけと皿洗いをする毎日で、そんな日々の中で、ひげも髪の毛もぼーぼーにはやした人を桟橋の近くで見かけることがありました。見るからに胡散臭いその人は近くのお土産屋の人らしく時々桟橋の近くまで来ては煙草をいっぷく点けては帰っていきました。当時はヒッピースタイル全盛期で長髪にジーンズがあたりまえで見慣れてもいましたが、それでもこれは無いだろうというかっこうをしていて、ましてや客商売をしている人とは思われない服装で、その時はこの人と友達になろうとは思いませんから、話しかけることも無かったのですが、日を追うごとに挨拶を交わすようになり、ちょっとずつ会話も増えていきました。この胡散臭い人がドラさんで、彼は湖畔のお土産や【いわな屋】で働いていました。この【いわな屋】こそ山田温泉の経営のお土産やで、彼はそこの売り子でユースの案内係も兼ねていました。あの頃の北海道のお土産はバター飴と木彫りの熊と相場は決まっていて、木彫りの実演なども見せながら販売していました。【いわな屋】でも実演販売しており、木彫りの職人さんの横でドラさんがアシスタントを兼ねながら売り子をしていました。あの頃の北海道は観光バスがひっきりなしに観光地を訪れて、一大ブームとなっていて、お土産やはバスが到着するたびにてんやわんやの大騒ぎになり、大変な有様でした。そんな忙しい合間に休憩がてら桟橋に煙草を吸いに来ていて私と知り合ったのでしたが、10月には貸ボートも終了し私はよそへアルバイトを探しに然別湖を離れ、この時はただの顔見知り程度でドラさんとは別れたのです。
その当時の私は、山田温泉YHの存在すら知らずそこのスタッフになるなど夢にも思いませんでしたが、運命が私をそこへ引きずっていくようにその後ドラさんとはめぐり合わせていくのでした。
その年はスキー場のバイトで冬を越して、そろそろ次のバイト先を探さなければという時、あるYHに泊まりそのミーティングの時、あのひげ面に出会ったのです。大勢いるホステラーの中で一人異彩を放っているドラさんを見つけた私は、迷うことなく彼のもとへ行き話しかけたものです。そして然別で知り合った時は、そっけない態度で私の事を覚えているか定かでないのに、旧知の間柄の様に答えてくれたドラさんに私は虜になってしましました。
その時バイトを探していることを知ったドラさんは、山田YHのスタッフに私を誘ってくれて、その後6月には一緒に働いていました。
こうして、私とドラさんの長い友人関係が始まったのです。














スポンサーサイト

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。