FC2ブログ
山田温泉YHの思い出
北海道・然別湖の北湖畔に今は無い山田温泉YH湖月園はありました。昭和49年ここで過ごした時間が私の人生を変え、沢山の友達を得ました。私の中で輝いているあの頃を懐かしく思い、このブログで思い出を共有できる人がいればいいと思っています。
プロフィール

わらじ

Author:わらじ
旅に出よう。
テントとシュラフの入ったザックを背負って
ポケットには一箱の煙草と笛を持ち
旅に出よう。
・・・・・・
歳のせいか、昔を懐かしく思う時が増え。
これから先の人生より、振り返った過去の方が長くなり、
『未だ人生を語らず』、と言って憚らなかったあの頃が少し気恥ずかしく思われます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れた旅人

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉の思い出
前にちょうちんを持って温泉に入りに行く話がありましたが、今回はその温泉について書きたいと思います。
山田温泉は無色透明で柔らかいいい泉質で、しかも源泉かけ流しの最高の温泉です。ホームページなど見ると、私たちが居た当時と同じ建物で、浴室もほとんど同じ写真がありました。浴室は広く浴槽もゆったりしていて、気持ちがよかったのをいまでも思い出します。私が話したいのは、その裏にあった別館の温泉です。本館の裏には、ヤンベツ川を挟んで別館があり。当時すでにこの建物は使われていなかったのですが、川岸に温泉があり、この温泉は浴槽の底が直に源泉で、石がごろごろしている間からぼこぼこお湯が湧いている泉好きにはたまらないものでした。三方に広く窓があり、四角く掘り込んだ浴槽には太い角材が周りを囲んみ、深さも胸下位まであり、温度もちょっと熱い位だったと思います。夜、川のせせらぎを聞きながら、ランプの頼りない灯りの中でここに入るのは、素晴らしいひと時でした。ちなみに浴室は一つですので混浴でした。しかし、この年の6月頃の大嵐により屋根が落ち露天風呂となり、何年後かには川の氾濫に飲み込まれて無くなってしまったそうです。ほんとに残念なことです。
chizu-bekan.gif
スポンサーサイト

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

コメント

誰かこの幻といていい温泉に入ったことのある人はぜひコメントをください。
[2013/04/16 22:49] URL | わらじ #- [ 編集 ]

露天風呂
昭和51年の私の旅行メモに山田温泉の露天風呂に入ったとあります。
屋根が崩れ落ちて露天風呂になった短い期間だったのですね。
建物の庭の様な所に湯ぶねだけが有ったような記憶が、、、
その次の日に泊まったのが、ランプの宿の開所でした。
お陰様で古い記憶がぼつぼつとよみがえりました。
[2013/07/03 12:43] URL | ロンサム #- [ 編集 ]

貴重な思いで
今は跡形もない、幻の温泉。貴重な思い出ですね。先日、山田温泉を訪れたのですが、昔の思い出をたどってみたくて訪れたのですが、あまりの荒廃ぶりに思い出との隔たりを感じ、時の流れの長さを痛感しました。
[2013/07/03 23:41] URL | わらじ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kogetuen.blog.fc2.com/tb.php/10-bf949841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。