FC2ブログ
山田温泉YHの思い出
北海道・然別湖の北湖畔に今は無い山田温泉YH湖月園はありました。昭和49年ここで過ごした時間が私の人生を変え、沢山の友達を得ました。私の中で輝いているあの頃を懐かしく思い、このブログで思い出を共有できる人がいればいいと思っています。
プロフィール

わらじ

Author:わらじ
旅に出よう。
テントとシュラフの入ったザックを背負って
ポケットには一箱の煙草と笛を持ち
旅に出よう。
・・・・・・
歳のせいか、昔を懐かしく思う時が増え。
これから先の人生より、振り返った過去の方が長くなり、
『未だ人生を語らず』、と言って憚らなかったあの頃が少し気恥ずかしく思われます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れた旅人

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せんこう花火
山田YHのミーティングには、おまけがあります。その日の雰囲気の流れでミーティングの後、外に出て星をながめたりするのですが、サプライズで花火をする時がありました。打ち上げ花火ではなく、子供がよくやるような花火です。これを普通にするのではなく、立地条件を生かした場所、そう桟橋に出て行うのです。人数の多い時には桟橋に乗りきれないので、周りの岸部でする人も出てきます。風のない穏やかな夜、水面に映る花火は美しいもので、自分の花火を見ていても好いですし、周りの人のを見るのもきれいです。なかでも特にいいのが線香花火です。ただでさえ儚い火花が、水面に映るところを思い出すと、今でも胸に暖かなものが湧いてきます。
ホステラーたちのざわめきのなかにも、感嘆の声が混じって居たと思います。いつの世でも女の子には、この時の様なロマンティックなロケイションは好まれますよね。そして、そこに一緒に居られれば男の子も嬉しかったと思います。そうするとユースも人気が上がるとゆうわけで、ヘルパーはいろいろ趣向を凝らしていたのです。

スポンサーサイト

テーマ:北海道旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kogetuen.blog.fc2.com/tb.php/11-64be804b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。