FC2ブログ
山田温泉YHの思い出
北海道・然別湖の北湖畔に今は無い山田温泉YH湖月園はありました。昭和49年ここで過ごした時間が私の人生を変え、沢山の友達を得ました。私の中で輝いているあの頃を懐かしく思い、このブログで思い出を共有できる人がいればいいと思っています。
プロフィール

わらじ

Author:わらじ
旅に出よう。
テントとシュラフの入ったザックを背負って
ポケットには一箱の煙草と笛を持ち
旅に出よう。
・・・・・・
歳のせいか、昔を懐かしく思う時が増え。
これから先の人生より、振り返った過去の方が長くなり、
『未だ人生を語らず』、と言って憚らなかったあの頃が少し気恥ずかしく思われます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れた旅人

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きも試し
先にミーティングのおまけサプライズで、花火の事を書きましたが。今回はサプライズ第二弾、きもだめしです。
ユースは原生林に囲まれているので肝試しをするのには場所に困りません。ユースを少し離れれば、そこには文明の及ばない暗闇が私たちを待っています。湖月園の項の見取り図にも書きましたが、ユース前の広場を挟んで森の中にちょっとした小道があるのですが、ここを使って肝試しを行いました。建物に近いように思いますが、ユースの明かりはランプですので、森に一度足を踏み入れれば真っ暗に近く、肝試しを行うのには十分すぎるくらいです。そこに、男女ペアになって一回りしてくるのですが、足元を照らすのがちょうちん一つなのです。ちょうちんの明かりって手元を明るくするより、かえって周りの暗さを引き立ててしまい、肝試しの小道具としては持って来いでした。そして、たしかくじ引きでペアを決めたと思いますが、一組づつ森に入って行きました。森の前にみんな居る訳ですから、話し声やらでざわめいていて怖そうに思いませんが、ひとたび森に入ると、進むにつれて暗闇の気配は濃くなり、それだけ恐怖心も高まってゆきます。私たちヘルパーが何人か途中に潜んでいて驚かすわけですが、大したことをしなくても十分驚かせることが出来ました。森の前で待っている人たちは、森のなかから女の子の悲鳴が上がる度に笑い、出てきた二人も手を繋いだりして笑っていたものです。当然この後の会話の弾んだことでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:北海道旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kogetuen.blog.fc2.com/tb.php/12-d6a55dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。