FC2ブログ
山田温泉YHの思い出
北海道・然別湖の北湖畔に今は無い山田温泉YH湖月園はありました。昭和49年ここで過ごした時間が私の人生を変え、沢山の友達を得ました。私の中で輝いているあの頃を懐かしく思い、このブログで思い出を共有できる人がいればいいと思っています。
プロフィール

わらじ

Author:わらじ
旅に出よう。
テントとシュラフの入ったザックを背負って
ポケットには一箱の煙草と笛を持ち
旅に出よう。
・・・・・・
歳のせいか、昔を懐かしく思う時が増え。
これから先の人生より、振り返った過去の方が長くなり、
『未だ人生を語らず』、と言って憚らなかったあの頃が少し気恥ずかしく思われます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れた旅人

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖月園について
山田温泉YH湖月園とは、然別湖の湖畔にたたずむあばら屋で、今ならとても営業許可など下りない施設でした。
電気も通っていなく、電化製品は冷蔵庫すらありませんでした。水道も沢からホースでひっぱて来ただけ、
そんな所ですが、唯一素晴らしいところは、湖の岸部に建っていることです。
部屋からの景色は最高で正面に唇山と白雲山が湖に浮かんで見えました。
早朝風のない日は、水面に映る唇山がその名の通り上下の唇になるのが見えましたし、朝霧の中に浮かぶ弁天島が現れては隠れるのを時の経つのも忘れて観ていたものです。
圧巻は満月の夜景でしょう。岸部を打つ微かなさざ波を聞きながら、黒々と横たわる山々と、それを照らす月明かり包まれているとその幻想的な雰囲気には圧倒されるものがありました。
この建物は数年後に取り壊されて、その後少し奥まった処に新たな建物を建てたようですが、これも、今では廃墟になっているようです。
あの水辺の湖月園に泊まったホステラーは、貴重な体験をしたことに気づいているでしょうか?
ミーティングの余韻そのままに、脇の桟橋に出て女の子とおしゃべりをしたり、星空を眺めたりしたことも
今では遠い思い出です。

chizu.gif


sikaribetu.jpg

P10204181.jpg
スポンサーサイト

テーマ:北海道旅行 - ジャンル:旅行

コメント
共感しました。
はじめまして、ブログ拝見して大いに共感しました。
私は昭和51年9月に湖月園に4連泊しました。
この時に事が忘れられず、それから10年後(もう、建物は有りませんでしたが)
訪れて、その後も3度ほど行ったことがあります。
稚拙では有りますが、この模様はHPにUPして有ります。
宜しかったら、ご覧下さい。
http://kenbunroku.sasada-moji.com/kenbunroku_028.htm
http://campingcar.sasada-moji.com/campingcar_108.htm
懐かしい良い思いでです。
[2013/05/05 16:14] URL | 見聞録管理人 #- [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2014/06/09 12:10] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kogetuen.blog.fc2.com/tb.php/3-854e09ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。