FC2ブログ
山田温泉YHの思い出
北海道・然別湖の北湖畔に今は無い山田温泉YH湖月園はありました。昭和49年ここで過ごした時間が私の人生を変え、沢山の友達を得ました。私の中で輝いているあの頃を懐かしく思い、このブログで思い出を共有できる人がいればいいと思っています。
プロフィール

わらじ

Author:わらじ
旅に出よう。
テントとシュラフの入ったザックを背負って
ポケットには一箱の煙草と笛を持ち
旅に出よう。
・・・・・・
歳のせいか、昔を懐かしく思う時が増え。
これから先の人生より、振り返った過去の方が長くなり、
『未だ人生を語らず』、と言って憚らなかったあの頃が少し気恥ずかしく思われます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪れた旅人

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうちんの思い出
山田温泉YHのもう一つの名物が、ちょうちん行列、湖の岸部で何もない湖月園ですから、もちろんお風呂もありません。そこで、1,5 ㌔離れた山田温泉の本館まで入りに行くことになります。車での送迎などあの時代考えもおよびません。そして時間的に暗くなってしまうこともしばしばあり、街頭などない山の中ですのでちょうちんの出番となるのです。誰が考えたのかこれがなんとも風情があっていいんです。原生林の中の一本道をみんなでぶらぶらとちょうちんの頼りない灯りで足元を照らしながら歩いてゆくのです。見上げれば星の瞬きも鮮やかになり、温泉でほてった顔には、しんとした森の空気が心地よかったはずですし、もちろん女の子と仲良くなる絶好の機会でもあり。そぞろ歩きで帰ってきたホステラーの誰もが、満足げな顔をしていたと思います。

とわ云うものの、今から思うと湯冷めすることはなかったのでしょうか?若いってすごいことですね。

スポンサーサイト

テーマ:北海道旅行 - ジャンル:旅行

コメント

ちょうちんを持って温泉に入りに行った人はコメントください。
[2013/04/15 22:19] URL | わらじ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kogetuen.blog.fc2.com/tb.php/5-82c88413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。